友達不要論

私生活に『友達』は必要ないと思うようになってから、人付き合いがとてもラクになった。

『知り合い』『知人』『同僚』『(義)両親』『親戚』『顧客』

自然と知り合う人達との交流は嫌いじゃない。むしろ楽しむ方だけど、やっぱひとりで行動する方が好きだ。

 

数ヶ月に一度単位で会う気の合う相手、帰省したら必ず会う人、10年来のお付き合いのある同級生、職場で仲良くなり、たまに食事するような間柄の人もいる。 

 

いずれも人付き合いは興味を持った人とだけ付き合い、去る者は追わずなので、気持ち良くお付き合いが出来て快適。

 

考え方がコロコロと変わる物同士、価値観が変わるのも当たり前。だから、「ん?この人こんな性格だったけ?」とか、付き合ってて違和感が芽生えたら、その人との関わりは終わらせてもいいと思う。

 

ブログを始めた当初は、やたらと人間関係に悩んでばかりいた。過去ブログみてもらえば分かると思う笑。

 

 

感情も人も水みたいに流れてくし、移り変わってく。正しい、正しくないは自分できめりゃいい。要するに好き嫌いあっても自分を許す。気分次第で付き合うかどうか決めて🆗の生き方に変えた。

 

友達いないと悩んでいる人。1人でも楽しいことマジでいっぱいだから、ひとり遊びもなかなか楽しいよー。自分喜ばせる遊び。私の場合は歌いに行ったり、ピアノ弾いたり、踊ったりする。楽しいし、幸せ。そこに相手がいてもいなくても。

欲を言えば、一緒に音楽を楽しむ人がいればなお良いけど、ひとり遊び続けてれば、似たような人自然に集まってくるので、友達作ろうとか考える間も無く、セッションしたりする機会もでてくる。

 

 人付き合いは行き当たりバッタリ。

深く考えずに、与えられた機会をただ楽しめば、意外とうまくいく。水のように流されて生きよう。