頑張る私が素敵なんじゃない。そのままでよかった。ストレスに耐えられなくなった私の身体。

2ケ月ぶりに遅れてた生理が来た。3月は怒涛のデトックス期で、2週間位風邪が続いてる。まずは扁桃腺が腫れ始めた。その後激しい咳→鼻水→大量→大量の痰→治まって来た、と思ったら生理始まった。

f:id:spaceflyerpoppop:20160612002514j:plain

目まぐるしく変化する身体の変化に、唯一私の出来る対処法はとにかく休む、ただそれだけだった。

2週間近く、喉がヤバいので歌も歌えないし、ライブ当日に生理で意識がボンヤリし過ぎたから休んだ。

生理が遅れてから慌てて身体にお詫びをし、心地よさのみを追求する生活に戻した。相次ぐ体調不良は、「そんなに頑張るな、少しゆっくりしなさい」と言われてるのだろう。

f:id:spaceflyerpoppop:20151216124128j:plain

それにしても戸惑う。

1年前、2年前に当たり前にして来たことが今出来なくなってる。

1月と2月は、音楽関係でやりたい事のために少々無理してた自覚があった。

それに応えるように、遅れる生理とか素直すぎる。

 

さて、長引く風邪で音楽とも、これを頑張ろう、したいなって思う事に手を付けられない日々が続いたんだけど、気分転換に美容室に行った。

イメージを変えたいと言ったら、すんごい可愛い髪形にしてもらった。

自分がオーダーする時に思いつかないような、ゆるふわ系笑

会社でも「なんか別人みたい」「一瞬わからなかった」と好評。

 

そうしたら夫がとても優しくて、いや、元々優しいんだけど更に、お姫様扱いしてくれんの。

アレ?なんにもしてないのに、愛されてる?

極論をいえば可愛くしてたら優しくしてくれるんじゃないか、とすら思った。

 

体調が悪いから、ここ数日夫が作るか、店屋物。

去年なら無理してでも行ってたライブも、身体を思って休んだ。

ここでパッカーン

頑張ってる私が輝いてるっていうのは私の思い込みで、本当は生きてるだけで輝いてた。

 

今朝も夫は「(生理で)辛かったらおちゃわん洗わなくていいからね。かえったら洗うから」と言って会社に行った。

意地悪な上司の遠回しな嫌味に、気が付いたら言い返してた。

お金を払って、綺麗になるのに罪悪感なんか感じる必要もなかった。

 

こうしなきゃ!

人様のために頑張る必要がある!

頑固な固定概念が、だんだんほどけていくのを感じる。