お金持ちの語る「お金を産むプロセス」が腹に落ちなかったけど、実行してみた結果

2015年の9月から、好きな事だけをする!と決めて、筋金入りの節約体質は改め生活してみたら、節約しようがしまいが大差なくて驚いている。

 

f:id:spaceflyerpoppop:20160125195114j:plain

夫に家計を任せていたら、いつまで経っても借金(ローン)返済が終わらないので、現在はピヨ子が家計をやりくり。去年までは、借金返済とは別に、節約して微々たる額の貯金をしてた。

 

 

節約をやめて、月々の貯金もやめ、割と自由にお金を使いはじめたら、冬のボーナスの額が2倍になってた。ちょうど、躍起になって節約してた額と同額。

 

 

こんなにすぐ、成果がでるとは思わなかった(笑)

 

 

面白いし、お金の価値観をもっともっと崩してしまいたいから、引き続き専業主婦続行。共働きを否定はしないけれど、我が家の場合は夫が働き、妻はのんびり。というスタイルの方が、循環するらしい。

 

 

ケンカ激減 病気もそろそろ完治かな(by ピヨ子 心の俳句)

f:id:spaceflyerpoppop:20160125201036j:plain

 

 

かつては、将来のリスクに怯えながら、働きに出ては体調を崩して通院を繰り返していたっけ。。。(遠い目)

 

 

 

ガッチガチの価値観、緩み始めてきたものの、母から受け継いだ貧乏マインドって強力だ。骨の髄まで貧しく、悲しい性分。

 

f:id:spaceflyerpoppop:20160125195156j:plain

高1の頃、自営業なのに父が脳梗塞でぶっ倒れて半身不随、知的障害の姉は中学で悪質ないじめ受けて暴れ、いじめかばったら私もいじめられていた、あの、環境も経済的にもドン底の時期から抜け出せていないんだな、これが。

 

 

・作りたくなくても、仕事で疲れていても、帰宅後には1時間かけて食事の支度。

・風呂は入りたいときにではなく、帰宅してきた夫に合わせる。

・ 自分だけで外食なんてもってのほか。外で食べるなら、夫か友人がいる時だけ。

 

 

つまり、あたし自身の機嫌はいつも後回し思想。当然ストレスが溜まる。

それが毎月の生理前に爆発し、謎の八つ当たりで夫を困らせる、の繰り返し。

誰得にもなってない。

 

 

初めは気が向いたら、お茶呑みにいくのも好きな事しに出かけるのも、気合い入れなきゃ行動できなかったからね。信じられる?!

 

 

ちなみに今月は、当然八つ当たりもゼロだよ。

おまけに夫が、頼まなくても生理のピヨ子を労わってくれるまでに成長してた。

 

 

2日目は疲れるので、なあーんもせずおうちで座椅子にお尻をセット。そこから全く動いてません(苦笑)。

 

 

f:id:spaceflyerpoppop:20151214191510j:plain

ちなみに、マインドの変化を比較してみると↓

< 新婚当初の思想>

夫の給料から小遣いとして使うなんて気が引ける・・・・・・。

好きなものを買うためには、働かなきゃ!!

 

 

<現在>

家事終了ー。

よーし、夫のために美味しい料理つくったし、掃除もしたから、ひとりでお茶しに行こうかな~♪

 

こんなに頑張ってるならとうぜーん☆☆

今日もあたしの為にがんばって働いてね^^

 

 

これでも同一人物です。

f:id:spaceflyerpoppop:20150905094921j:plain