【子宮メソッドを実践して3ケ月レポート】他人軸だと感じてやめた6つの事

今年の秋くらい?から始めた子宮メソッド。

f:id:spaceflyerpoppop:20151019225402j:plain

年末に向け、軽い気持ちで(振り返ってみよっかな~)を思い立ち書き出してみると、出るわ出るわ。

 

ボリュームがすごいので、数日間に分けて書いてみようと思います。

今回は、『他人軸』編です。

 他人軸だと感じてやめた6つの事編

f:id:spaceflyerpoppop:20151214191510j:plain

・朝、夫を見送るために起きるのをやめる

「夫のために朝はお見送りした方が良い」となんとなく思ってた。

夫が求めてきたわけでも何でもないです。夫はピヨ子の好きなことを推奨する人なので。

ロングスリーパーで、8時間の睡眠がベストなピヨ子にとって、意味ないな、と感じたので辞めました。

 0:00から8:00まで、毎日快眠♪ピヨ子は専業主婦ですので、体調の悪い時は10時過ぎまで寝ることもあります。

 ・節約しなきゃ。と思う心と、貯金を辞める

お金への負の執着心を捨てたかったから。

この件については以下を参照↓

【お金への異常な執着】いじめ、病気、浪費。底辺の貧乏で植えつけられた、お金へのネガティブイメージ - 好きなことだけして生きていくと決めた

f:id:spaceflyerpoppop:20151124183930j:plain

・時間の管理を辞める

 発達障害ADHD)があってただでさえ管理しずらいのに、ひたすら克服しようとしていましたがすっぱりとあきらめた(-_-)/

 

計画立てるのも嫌い、計画にしばられるの大嫌いなのに・・・・・・。どこまでMだったんだ自分。と今では思う。

 ・欲しいものにお金を集中させる

しばらくつけてた家計簿をやめて、そのとき食べたいものを食べたいだけ買い、つくって、食べる。

 行きたい場所には行く。夫のお給料からありがたく♪足りない分は独身時代の貯金から使ってでも行く。

 とはいえ、もともと貧乏性で大金を使うような場所に行こう、とか思わないし、行かない。ひとまず多少値が張っても欲しい食材を買うことからスタート。

 ・仕事しようとするのをやめる

ここ数年、働いては体調崩して退職に追い込まれ、のループで懲りたかと思えば全然懲りてない(苦笑)。

 

というより、「我が家は貧乏。よって働かなければならない」という家庭環境からの刷り込みによると思われる。

f:id:spaceflyerpoppop:20151124185002j:plain

仕事=苦しく辛いもの

というリミットが外れない今、仕事するのは得策ではないと感じてるので、行動はしないと決意。

 ・反省点

それでも、ちょっと忙しくなってくるとつい、無理してた。

f:id:spaceflyerpoppop:20150905093559j:plain

例1)ゴスペルライブのあと、ヒーヒー言いながら家事

ピヨ子本人からすれば「好きな事だから、いっか♪」で済ませられるんだけど、子宮からすれば「いいから休めや。ゴラ。外注しろーー」てなってたみたいですね。

 すべての日程が終わってから、丸2日家から出ずに休む羽目になりました・・・・・・。

 例2)うっかり午前中を充実♪マインドが復活しつつあった

もともとピヨ子は「レッツ充実♪効率化LOVE」な人種でした。

 ちょっと子宮メソッドがうまくいくと、「なら朝6:00に起きて家事して〇〇して△△してetc」的な思考が浮かんできます。

 それで体調もボロボロ、人間関係も最悪に至ったという事を忘れがちになんのはなぜなんだ。3ケ月後の課題ですな。

 ↓このブログを書こうと思ったきっかけ

十二指腸潰瘍になった。身体の不調をきっかけにはじめた心の旅へようこそ - 好きなことだけして生きていくと決めた