読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの幸せ探しの旅をつらつらと【旧好きなことだけしたらどうなるか。人生は実験だ。】

このブログはピヨ子自身の「書くセラピー」の場所として活用しています。子宮メソッドがきっかけ。

子宮委員長はるちゃんを通して自分の本音を探る【婚外恋愛】

いやー。はるちゃん面白いわー

はるちゃんへの個人的な感想書いたら、やたらとアクセス多くて改めて子宮委員長さまの威力(破壊力?)に驚いた。

 

はるチャンはみてて飽きないけど、ピヨコはパートナーが複数いるなんて無理だなー

今は笑。

忘れてたけど、結婚する前は複数のお相手と付き合ってた時期もあるし、彼氏以外に仲良い男もいた。

会社から送る為だけに連絡くれたり、困ったとき、遊びたいときなど、用途にあわせて過ごしてくれる人とかいたしねえ。

 

でもさ。

ぶっちゃけ周りにいっぱい男がいる状態て、20代なら普通だった…

友達も似たような感じだったし。

どうですか?現役20代の女性達。

10歳年下の友人も、似たような話してたけど、周りがビッチばかりなのか?

 

わたしはね、20代のうちはモテてモテて困るくらいに思い上がってもいいと思うけどね✌️

 

30代になる前に今の夫と知り合って、「他の男の車には乗って欲しくない」言われ、ばっさり切るまではいろいろな男性と知り合ったなあ。

 

いま、浮気したいか?ていうと、全くそういう気は起こらない。

ひとことで言うと面倒くさい笑。

他の男性とセックスしたいとも思わない。

 

夫が好きだから、てのは理由に入らない。だって少女漫画ばりの甘酸っぱいおデートだけで済むならしたいもの。恋愛ごっこならば。

 

けど、そういう訳にもいかんでしょ〜

やはりセックスありきになるからね。

 

それからいまは自分に夢中でいたい。

誰よりもピヨコを幸せにするのは私だ!て言えるくらい自分への愛を高めていくためにご機嫌とりに熱中してるとそんな時間ない ;∀;)

 

結論

婚外恋愛する程のエネルギーが、自分にはなかった😧

 

 

 

 

 

 

お誕生日祝いにホテル泊まってきた

夫と私の誕生日に近所のホテル泊まりに行きました〜

f:id:spaceflyerpoppop:20170330173035j:image

 暗くてよく見えない。

 

本当は外食も考えたけど、2人揃って引きこもり体質なので、ただホテルに美味しいもの買って持ち込み、チビチビやりました。

 

f:id:spaceflyerpoppop:20170330173435j:image

お友達のビール

 

好きなもの食べてビール飲んで、一休みしたら鼻歌歌いながら風呂入る。

 

ただそれだけなんだけど、場所がホテルってだけでどーしてこんなに楽しいのー!!!て思った。

 

私はうるさい場所が大嫌い。街の喧騒とは無縁の静寂さとか、洗練された小物に囲まれる空間が幸せなのかと思う。

 

うーん。家の中をホテルのように美しく整えてみるのもいいかもしんない✌️

 

3月前半は体調不良が続いたけど、すっかりリフレッシュ❣️明日はゴスペルの日。

 

頑張り過ぎず、心のままに楽しめますように。

 

 

可愛い、女らしいを受け入れられないと、自分の良さを生かせない

これ、私自身の事です笑。

 

髪形変えて2週間くらい経った。

毛先をカットして、ほぼワンレン(古)だった前髪を気分転換に作ったら、相当雰囲気がかわったらしくて色々言われた。

 

f:id:spaceflyerpoppop:20170116193245j:plain

「誰だかわからない」→これが一番言われた

「ものすごく似合ってる」

「可愛い」

「女性らしい」

もっと歯の浮くようなお世辞も言われたけどそこは省く。

 

あ。言っとくけど自慢だけじゃないっすよ、この記事は!!!

 

 ここからはもっと大事。

f:id:spaceflyerpoppop:20160609103008j:plain

社会人になってバリバリ仕事して、

「しっかりもの」

「仕事できそう」

「かっこいい」

そんな自分像をいつのまにか演じていたら、

 

「可愛い」「女性らしい」要素は私には似合わないと思い込むようになってた。

 

卑屈なもので、

前髪作る方が似合うと言われてもまず、ピヨコが感じたこと。

 

デコが狭いし面長だからでしょ

老け顔を前髪でごまかしてるだけでしょ

アラフォーなのにかわい子ぶってるって言われそう

 

これだからね苦笑。

 

夫が「今まででいちばん似合うよ」「可愛いよ」と、1週間言い続けてくれてやっと落ち着いてきた。

 

これでいいんだ。

好きな、可愛い恰好に挑戦したもいいんだねって、

言い聞かせてあげないといけないくらい、

私は可愛さや女性らしさを無理やり封印させてきた。

 

そんな女、魅力ないし、可哀そう

しばらくは封印してきた女性性を復活させる活動に、専念することにしやした。

 

 

f:id:spaceflyerpoppop:20170328112742j:plain

 美しいハンカチが欲しい

欲求に従ってゲットしたハンカチ2点。

真っ白なハンカチを持ち歩くってさ、女性ならではだよね。憧れてた。