読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からの幸せ探しの旅をつらつらと【旧好きなことだけしたらどうなるか。人生は実験だ。】

このブログはピヨ子自身の「書くセラピー」の場所として活用しています。子宮メソッドがきっかけ。

一流の引きこもリストになりたい

ミニマリストがずいぶん流行ってるみたいだ。

部屋にほとんど何もない空間をみたら、憧れる気持ちもよくわかる。ポップなキャラクターグッズや綺麗な色が好きなピヨ子にはマネ出来るとは思えないし、発達障害(気味)の傾向があるし。3秒前に置いたものが綺麗さっぱり頭の中から消え去り、探して回るようなタイプには無理だろう。

f:id:spaceflyerpoppop:20170517124313j:plain

色々とっちらかってる食卓(しかも向きがヘン)

 

そんな事より『引きこもり』だ。近々、引きこもりレベルのアップデートを考えている。どいういう事か説明しよう。

今年のゴールデンウイークは珍しく、連日の外出で家を空けた。義両親の実家に出向いたり、映画「美女と野獣」鑑賞をしたり。

 普段、週に1.2度は家から一歩も出ずに自宅で過ごすのがたのしみの私。疲労が半端ないだろうな、とは予測していた。そうはいっても翌日はバイトで出かけなければならない。翌々日こそ、大好きな引きこもりを楽しむぞう!と思いながら家を出た。

 なぜか外出時に一目が気になり、ソワソワする。心が疲れているのだ。身体はなんてことなくても。ちなみに普段は家と変わらず常にボーッと前を見ながら歩行中も、下らないギャグ漫画のワンシーンを思い起こし、ひとりでニヤケるようなレベルのマイペースさを保てる。

f:id:spaceflyerpoppop:20161006193752j:plain

たかが引きこもり。されど引きこもり。

ついでに自身のメンタルの弱さに完全敗北を味わい、帰路についた。

 

なんてこった・・・・・・・・。

ちょっとひきこもらなきゃこの体(てい)たらく。

・・・・・・・・。ん?

なら引きこもってもOKな仕事見つければいんじゃね?

 

はたらくのは嫌いじゃないし、適度に生活に取り入れたい。

今の仕事も午前中だけだし、そこまで負担には感じないけれど、どうせなら自宅に引きこもることが逆に利点となり、収入に繋がればWIN-WINじゃないか!!7つの習慣の著者が言ってた例のアレ!!(元・自己啓発本オタク)

 

真面目な話、自分に都合良い世界に身を置きたいって本気で思い始めてきた自分自身にワクワクした。実はすでにちょこちょこと自宅でやる好きな事に挑戦中。長くなるので今日はこのへんで

 

 

『べきべき人間』は、しっかり仕事しようと考えるとストレスになるからほどほどにね

今月に入ってから、仕事の電話応対で奇妙な顧客に立て続けに当たった。嫌がらせが好きなタイプ、心身に問題を抱えていそうなタイプ。

f:id:spaceflyerpoppop:20160326112053j:plain

地下鉄とか道端でも、明らかに頭のネジが外れた感じのサラリーマンとか、普段滅多に会わない感じの変わった方と同じ空間に居合わせた。直接的な被害はないけど、立て続けだと何だか気になる。
はじめは(春だから?みんな病んでるな〜)位に思っていた。


職場で何を言ってもネチネチ嫌がらせめいた発言をする老人との対応が終わったあと、隣の同僚が「大変だったね~疲れたでしょう」と労ってくれた。

「大丈夫ですよ~昔は毎日○ね、とか暴言だらけの職場で働いてたから」とか「苦情はゲームみたいに楽しめばあまり辛くない」とその場では答えていたけれど、帰宅してからふと、違和感。

 

アレ?これって単なる瘠せ我慢じゃね?

以前は管理職だったから、おかしなクレーマーや変なお客さんをさばくのが仕事だったけど、今は、ただのバイトだし、クレーム処理は求められていない。お客さんのスピードに合わせ対応するように努めるだけでいい。

 

そもそもさー見知らぬどこぞも分からぬ馬の骨(古臭い?)に罵詈雑言を浴びせられて楽しい?

ハイ??

何を言っても難癖つけようとする見ず知らずの爺婆お客様に対応すんのが、
楽しい訳ない。

対応中はプロだから感情は出さないけどさ、終わったら「あーイラっとした!むかつく」って言っていい。

 

こんな風に日々、ついつい無理したり、

ムカついてるのに、恰好つけて「クレーム処理嫌いじゃない」とほざいてしまう時がある。

 

私の場合、仕事で責任ある役職を任されない方がいいタイプの人間だ。べきべき人間に拍車がかかるから。

 過去に必死で頑張った自分は誇りに思うし、歌関係で人前でお話する機会のある時などは当時の力が役立つ。

 

けど、常に我慢がつきまとう。

自分が引いて丸く収めようとか、無意識で「~すべき」が発動しちゃうのだ。

今は、給料は我慢料とはもう思えないので、ゆるく仕事している状態がすごくたのしい。

 

自分ペースで暮らすと、自分にとっての理想がみえてくる。

本来私はグウタラのんびり暮らすのが好きで、バリバリ働く事なんて好きじゃない。

美しい映像や音楽を楽しみ、日々たっぷり眠り、自分のペースを守りたい。
頼もしい男性に護られてゆったり暮らしたい。

特定の分野においては、誰よりも高い成果を上げるためにこだわりまくりたい。

 

仕事すんのは嫌いじゃないから、今の私に見合う新しいお仕事はしてみたい。

面白そうな副業があったら挑戦してみよう。

理想の暮らしをイメージして、どんどん現実にさせていきたいな。

 

 

【禁酒】週5のビール晩酌をやめてみたら毎日が楽しい【禁煙】

大のビール好きで、休肝日設けつつ楽しんでいたつもりだった晩酌。もともと酒に強いわけでもなく、ビールコップ1杯くらいで酔える程度。酒は飲み続けると強くなるというが、例にもれず、週5回は飲んでいた。

f:id:spaceflyerpoppop:20170420205412j:plain

 

呑み始めたら350mlのビールを2~3缶は軽く飲み干せるようになっていた。週末、翌日に予定が無ければ6缶くらい呑むが、必ず二日酔って翌日グロッキーになる。反省しても元気になればまた羽目外しての気が付いたら晩酌が癖になり、夫も好きだから箱買いして飲んでた。振り返ってみると、極道さんと付き合ってるときは更に酷かったが、平和に夫と呑んで酔っ払う程度ならいいじゃん(^^♪で感覚。

 

だがしかし!

数か月前からかんたんに家計簿をつけてみたところ、酒代、つまみ代が異常にかかっている。つまみも入れると、月に2人で25000円弱。

 年間でかんがえると30万……

 

くらくらするー!!

このお金あったら何ができるんだろう。

うだうだと寝転がりながら考える昼下がり。

 

退屈さとか不安、手持ち無沙汰な心をお酒の力でごまかそうとしてた

突然、上記のような思いが頭に降って湧く。

 

やべーな〜私。かっこ悪! 

ひとり、居間で赤面した。

 

子供のいない我が家。週の半分程度のバイト、ゴスペル以外は自由に過ごせてノンビリ出来る反面、帰宅の遅い夫を待つのが寂しかった。

そう、ただ寂しかったのだ。

 

f:id:spaceflyerpoppop:20170330173435j:plain

あたらしい人と会っても「初対面イエー☆」とかならない。

何に対しても「量より質」になってきてるから、土足で踏み込んでくる人とかは避けたい。

適当な人付き合いは得意だけど、心底仲のいい友人は少ない。

軽口を叩ける友人はほぼ関東に移り住んでるので会えない。

 

お酒がまわってる間は楽しいし、寂しい時間があっという間に過ぎていくから、

感情を誤魔化すのにはうってつけだった。

 

アルコールも喫煙と同等、化学物質による依存症にすぎない

冷静に考えてみると、ただの薬物依存なんだよね、タバコも酒も。

5年前に煙草を辞めたときも、無意識に4本連続で煙草を吸い続けていた自分に気づき仰天したのが禁煙のきっかけだった。

 

その時は、アレンカーさんの「禁煙セラピー」という本を読んだ。

まんまと洗脳され(喫煙の仕組みを理解したともいう)、以来吸わなくなった。不思議なもので、3日もすれば全然平気になってくる。

 

晩酌やめてみても禁断症状というシロモノは感じない。敢えて言えば、寂しさを感じると何と無く飲酒したくなる。手持ち無沙汰にかんじる時がある、くらいかなあ。そういう時は入浴、読書、エクササイズするか、眠る。

 

私の飲酒トリガーは 寂しさだったって、今回は本音に教えてもらったみたい。何にもせず家でゆったりと過ごしても、黙って座ってるだけでもなんかたのしい。 

 

うすうす気づいてた嗜癖(しへき)にハマる傾向

36歳になっても現役中2病の感覚を引きづるピヨ子は、10代の頃からある特定の物に依存してきた。

 

10代はチョコレート

20代は悪い遊びを覚え、男、煙草、セ ッ ク ス(←呑む、打つ、買うみたいだ)

30代の現在はビール(酒)

 

依存をやめる=物に振り回されない自由を手に入れられるなら、歳を取っていくのも悪くない。